桑野洋子 (Piano/作・編曲) プロフィール

福岡市出身
4歳よりピアノ、5歳より作曲を始める。
12歳から15歳にかけて、ヤマハ「ジュニアオリジナルコンサート」( JOC ) にて、
NHKホール、NHK大阪ホールをはじめ、インドネシア、オーストリア、東西ドイツ、フランス、
アメリカ、各国で自作曲を演奏発表。  
フランス、パリのテアトルシャンゼリゼでは、ロストロ・ポーヴィッチ指揮フランス国営放送管弦楽団と
自作曲をソリストとして共演。
その他、新日本フィルハーモニー交響楽団、九州交響楽団、ベルリン放送交響楽団と共演。
また、ニューヨーク、カーネギーホールにおける 「カナディアンブラス15周年記念コンサート」
では、ゲストとして出演。

その後、東京芸術大学音楽学部作曲科に入学、同大学卒業。
大学在学中よりミュージカルの編曲、演奏及び音楽監督を担当。

卒業後は、
「CDで学ぶ楽譜の読み方」(ナツメ出版)
「大人のためのやさしいピアノ曲集」(ナツメ出版)
等の著書活動、
CS-PCM放送Z-SKY6の現代音楽の番組でのパーソナリティー、 及び評論活動をこなす。

演奏活動としては
CD  キャロル・セラ「OSE」(日本コロンビア)、
CD  広瀬香美「LOVE BIRD」(ビクターエンターテイメント)  のレコーディング。
TBSドラマ「いつも心に太陽を」、   NHK新銀河テレビ小説「ラストラブ」にて演奏出演。
「広瀬香美with東京フィルハーモニー・バレンタインコンサート」(東京オペラシティー)において
オーケストラアレンジとピアノを担当。
熊本フルートアンサンブル定期演奏会「桑野洋子の世界」において委嘱作品を共演。

2010年6月、全曲オリジナルに作品によるピアノソロアルバム「あの窓からの情景」を発売。

昭和音楽大学ポピュラー科 非常勤講師


桑野洋子の作品

 



THE WINDS official website   ENTRANCE HOME  PROFILE  MEMBER  ACTIVITY  LINKS 

 
 
inserted by FC2 system